ミシガン州に住んで丸8年。5年前にデトロイト市内に引っ越しました。デトロイトのことや、自分のこと、大好きなマライアのことなどについてのブログです。(photo by nasa)


by dice_michigan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
b0023611_23173289.jpg

b0023611_23183123.jpg

b0023611_23184874.jpg

もうあと一息!蕾が開きつつあり、木全体もたわわ~んとしなってきてます。

早く咲いて~。

PS
接写が下手くそでごめん遊ばせ。
[PR]
# by dice_michigan | 2007-04-21 23:19 | デトロイト・ミシガン
b0023611_9384386.jpg


あぁあぁあぁ~、もうすぐ咲きそぅ~~~。もうピンク色の花びらが出てきています。

明日は寒いらしいけど、木曜からまた暖かくなりそうなので、やっぱり今週末が狙い目!?
[PR]
# by dice_michigan | 2007-04-18 09:42 | デトロイト・ミシガン
デトロイト市内のベルアイルに桜があるのは去年のブログにも書きましたが、今年は開花状況を細かく報告致します。

4/15(日)現在:まだ蕾の状態です。でも今週は暖かくなりそうなので、今週末(4/21)くらいが狙い目かな?

b0023611_6431630.jpg

b0023611_6433026.jpg
この寒々とした空はまだ冬のよう(4/11撮影)。

b0023611_6434339.jpg
ここにある桜100本は、デトロイト日本商工会とトヨタ市から1994年に寄付されたものだそう。

お友達を誘ってお花見も計画中。ワシントンDCの桜は不発に終わったので、今度こそは絶好のタイミングを見計らってお花見よ~。
[PR]
# by dice_michigan | 2007-04-17 06:45 | デトロイト・ミシガン
DのおばさんがDCのお隣バージニア州に住んでいるのだが、僕らがDCで過ごした週末は列車を使ってお友達と一緒にDCまで来てくれた。83歳で足も不自由なのに、行動力があってとってもチャーミングなおばさんなので、一緒に時間を過ごすことができて、楽しい思い出になった。

DCにいて感心したのは、この街は身障者に優しい街だということ。車椅子での行動はアメリカでもなかなか大変なものだが、移動に使ったタクシーの運転手さん達は文句一つ言わずに協力してくれ、泊まったホテルではVIPに近い扱いを受けた。ホテルのチェックインタイムよりも早く着いたにも関わらず、身障者用の部屋の清掃が済んでいないという理由で、ホテルのバーで飲み物無料(4人でウォッカマティーニを飲み干した)、おつまみつきのもてなしを受けた。その他にも、博物館などには必ず車椅子用のスロープや入り口があるし、例え入り口に長い列ができていても、すぐ前に入れてくれたりと、人々に身障者を優先する意識が強く、気持ちよく観光することができた。

話は変わるが、僕らが滞在していたDupont Circleエリアは、ヒップでおしゃれな感じのするエリア。夜はゲイバーやクラブをいくつか回ったが、なんかDCの男の子ってちっちゃくてかわいい子が揃っていて楽しかった(はぁと)。LAに行った時は、回りの人たちがみんな背が高くてびっくりしたが、DCは逆に平均身長が低め(たまたま?)。おまけにちょっぴりコンサバが入った端正な顔立ちやすらっとした出で立ちに、終始目を奪われていた僕だった。あるゲイクラブではたまたまその日がカレッジナイトで、未来の政治家や弁護士のような美青年たちがうずめいていた。

もう一つ気がついたのは、このエリアは人種が程よくミックスされているということ。僕らが行ったどこのバーでも、黒人・白人・ラテン系・アジア系などが入り混じっていた。デトロイトだと白人と黒人が行くバーで結構はっきり分かれていることが多いので、こういう風に自然に人種が溶け込む風景を見ると、無性に気分がいい。

「アメリカの首都」というと星条旗がはためいて泥臭い愛国心に満ちたイメージがあったが、DCは予想以上にインターナショナルな街だった。
[PR]
# by dice_michigan | 2007-04-13 06:35 | 旅行記
最近いろいろな所に飛び回っている感のある僕だけど…

b0023611_7451386.jpg復活祭(イースター)の3連休は、ワシントンDCに遊びに行ってきた。アメリカ生活8年目にして初めて訪れたこの街、見所たくさんでとても楽しい旅になった。

DCに来た一番の目的は、桜を見に行くことだったのだが、あいにくすでに桜のピークは過ぎていて、しかも気温が低くて寒い週末だったので、タクシーから桜並木を眺めるだけで終わった。デトロイトの桜はこれからだと思うので、それに期待することにしよう。

b0023611_746550.jpgもちろん、桜以外にもDCにはいろいろ観光スポットがあったので、寒さにもめげずにいろいろな所に行ってきた。まずはお決まりのリンカーンメモリアルへ行き、巨大なリンカーン大統領像を見学。そこから見下ろすワシントンモニュメントの眺めも素晴らしくて、これだけでDCに来た甲斐があった気がした。

次の日に行ったのは、スミソニアン博物館の一つである、Air & Space Museum。この日はものすごく混んでいて、人の波をかき分けるだけでかなり疲れてしまったのだが、飛行機や宇宙に関するいろいろな面白い展示を見ることができて満足だった。夕方になって最後に駆け込んだAmerican Indian Museumは、建物の形や造園スタイルがおもしろく、ちょうどやっていたアメリカインディアンの衣装の展示も興味をそそるものだった。

他にも見所はいろいろあったんだろうが、観光系は以上でおしまい。今回はとてもゆっくりとした旅だった(何故かはまた後で書きます)。でも夜は適度に遊べたし、ただ歩いてストリート沿いの建築物を眺めるだけで非常に面白かったので、十分お腹一杯になった。

(つづく)
[PR]
# by dice_michigan | 2007-04-10 07:49 | 旅行記

寒くてうれしい

毎年同じようなことを書いているような気がするけど、今年も4月に入ってから雪が降るくらい寒くなった。「やっと春が来た~」なんて喜んでいたミシガン人には恨めしいこの寒波の到来。

でも、僕はこの寒さを歓迎している。なぜなら…

この間冬のセールで買ったtheoryのカシミヤのコートを着れるから~(笑)。

約1ヶ月前に、Barneys New Yorkで800ドルだったこの代物が半額で売られていて、その美しさに一目惚れした僕。即購入したはいいけど、その後すぐに暖かくなってしまい、なかなかこのコートを着る機会がなかったのだ。今回寒くなって、まるで雪が降った日の子供のようにはしゃいだ僕。このコートに身を包むだけで自分が「有能若手ビジネスマン」になったように自信に溢れ、「この美しい私を見て!」と言わんばかりに毎朝同僚達に見せびらかしている始末だ。「プラダを着た悪魔」の男性版と言った感じ?(自分で言うなって)

400ドル前後の買い物は、僕にとっては初めてではないが、それでも多少勇気のいる投資額だ。500ドル以上の服はまだ買ったことがない気がする。いつかお金持ちになったら、ポンとウン十万のブランド物とかを買ってみた~い(妄想)。

安くてもいい物はたくさんあるんだけどね…

それはさておき、週末の3連休を使って旅に出ます。行き先はここよりも少し暖かいところ。行ってきま~す
[PR]
# by dice_michigan | 2007-04-06 07:41 | 日記

LAでの楽しみ

最近仕事でLAに出張することが多いのだが、出張先のTorranceは日本人がたくさんいて、日本食レストランも充実して、出張者には楽しい街だ。

でも、夜はTorranceを抜け出して別の地区に遊びに行くのが楽しい。

今週は、韓国系の友達にコリアタウンに連れて行ってもらい、焼肉食べ放題を堪能した。友達とその女友達(Sさん)が韓国語でいろいろと注文してくれたので、日本人の僕たちは苦労することなく本場の韓国料理をおいしく味わうことができた。変な話だけど、韓国料理って僕にとってはセックスと同じくらい気持ちのよいものなのだ(爆弾発言?)。

そして次の夜、Sさんを誘ってWest Hollywoodのゲイバーに繰り出した。Sさんオススメの、The Abbeyで待ち合わせ。ここは半アウトドアの大きなバーで、ベッド仕立てのラウンジや広々とした空間が楽しい所だ。僕から見てもかわいいアジア系の男の子達がうじゃうじゃいるのが、LAならではといった感じ。

続いては、Rageというクラブへ。木曜の夜だったけど人がたくさんいて、楽しかった。音楽は、PCDやNelly Furtadoなど、軽めのポップで心地よかった。LAに来て驚くのは、美人系のレズビアンが多いこと!モデルのような女の子同士が、キスとかしていて、ゲイの僕ですら見入ってしまった(笑)。ビアン専用のクラブとかもあるようで、楽しそうだった。

今回はSさんのおかげで楽しいナイトライフを過ごせた。今度はSさんに教えてもらった、韓国アカスリに挑戦しようと思う。
[PR]
# by dice_michigan | 2007-03-25 04:21 | 旅行記

緑の日

St. Patrick's Dayは緑色に身を包んで、ビールを飲む日。

先々週はデトロイトのCorktownでSt. Patrick's Dayのパレードがあった。パレードそっちのけで、飲んで、飲んで、飲んで、とても楽しい週末だった。

それに勢いづいてしまい、先週はシカゴのSt. Patrick's Dayのパレードまで見に行ってきた。軽い思いつきから実現したこの旅だったが、楽しい思い出になった。ホテルは友達がダウンタウンの三ツ星ホテルをPriceline.comで安く予約してくれ、道中はFantasiaサイ子でラクラク運転。朝6時に出発して10時前にはシカゴに到着した。

午前中は寒くて、なかなかビールにありつけなくて、ちょっぴり惨めな思いをしたが(パレードはおもしろかったけど)、午後になって飲み始めたらもうこっちのもの。二日酔い防止薬、Chaserを飲みながら、緑色のビールを飲んで、飲んで、飲んで、延々と飲み続けた。

アイリッシュパブが立ち並ぶWigley Field周辺は、夕方になると店の外に行列ができるほどの盛況ぶり。そこからゲイバーがある地区までは歩いてすぐ近くだったので、ストレート友達を引き連れて、僕行きつけのゲイバーも数件はしごした。Social Butterflyと化した僕は、いろんな人とおしゃべりを満喫した。

b0023611_7221552.jpg b0023611_723889.jpg b0023611_722521.jpg

1枚目:シカゴのパレードの様子
2枚目:緑色に着色された、シカゴリバー
3枚目:Sear's Towerからのシカゴの眺め

飲み好きの僕には、デトロイトの方が性に合っていたかな。
デトロイトのいい所:道端でビールが飲める。シカゴに比べて人が少なく動きやすい。裏の道沿いで立ちションし放題→デトロイトってそういうかざりっ気のない街です。
[PR]
# by dice_michigan | 2007-03-20 07:27 | 日記

Mexicoに行ってきた

b0023611_111224.jpg仕事の息抜きに、メキシコのビーチへバカンスに出かけた。

行き先はゲイのメッカ、Puerto Vallarta。幸いなことにデトロイトから直行便が出ていたので、片道5時間ほどの航路をラクラク飛ぶことができた。

Puerto Vallartaはゲイバーやゲイの人が経営するレストラン、ホテル、ビーチなどが街中にあって、楽しく快適に過ごせる場所だ。5年ぶりに訪れてみると、結構観光地化が進んでいて、ちょっぴりカンクーンに雰囲気が近づいていた。

それでもOld Downtown周辺は情緒豊かな石畳に覆われて、ハイビスカスやブーゲンビリアも咲き乱れてかわいらしい街の風景は残されていた。

僕はカリブ海よりも太平洋の方が好き。なんとなく日本のビーチの雰囲気を思い出すからだ。しかも西向きなので、毎日ビーチから夕日を眺めることができて幸せだった。シーフード(特にエビ)の味も、太平洋側のほうがメキシコ湾で獲れたものよりも生臭みがない気がした。

泊まっていたホテルはゲイビーチのまん前だったので、毎日ビーチにふらりと出かけて、マルガリータを飲みながら優雅に読書(ホテルに置いてあったシドニーシェルダンの小説、一気に読んでしまった)。気が向けば隣のビーチチェアに座っている人たちとおしゃべり。数日経つ頃には、知り合いが増えてちょっとしたコミュニティーの一員になったような気分だった。そのほとんどは一時的に滞在している観光客だったけど、中にはレストランのオーナーカップルもいて、彼らのレストランに食事に行ったら、温かく迎えてくれて感激だった。

一番うれしかったのは温暖な気候だった。昼は暑すぎずカラッとしていて、夜になっても半そででいられる程度の涼しさ。ホテルでは一晩中窓を開け放して、外から入ってくるそよ風や波の音でリラックス睡眠。寒いミシガンから来た僕たちにとっては、格別の待遇だった。
[PR]
# by dice_michigan | 2007-03-10 22:43 | 旅行記

Wit

b0023611_12233322.jpg演劇が好きな人にお勧めの、1999年のピューリツァーのドラマ部門を受賞した作品、「Wit」。卵巣ガンに侵された女性英語教授、Vivian Bearingが化学療法(キーモセラピー)を受けながら闘病生活を送る姿を描いた作品。

人の命など屁とも思わないガン研究医師や、やる気のない職員たちにぞんざいに扱われる一方、教養はないけど心優しい一人の看護士の思いやりに救われる彼女。冷酷で厳しい教授として有名だった彼女が、自分の病と向き合ううちに、人生において大切なことについて気付いていくというストーリー。

b0023611_1311380.jpg数年前に僕の好きな女優、エマトンプソンが主演して映画化されたこともあるこの作品。悲しい話なので、それなりの覚悟をして見なければいけないが、命の尊さや死の恐怖、延命治療などについて、いろいろ考えさせられる。

そんな大作が、デトロイトの小さな劇場でただ今上演中。デトロイトやお隣ウィンザーの役者たちが、この難しい劇に果敢に挑戦。とても感動する出来だった。

来週末で終わってしまうので、見たい人は急いで!


Wit
Furniture Factory, 4126 3rd St, Detroit, MI
February 16 – March 3, 2007
$20
Show Times: Fri. – Sat. @ 8 pm; Sun. @ 2 pm
313-831-1939 or BreatheArtTheatreProject@yahoo.com


※劇場がある3rd St.は少し治安が悪いので、車の中には貴重品など残さないようにご注意。
[PR]
# by dice_michigan | 2007-02-26 13:33 | デトロイト・ミシガン