ミシガン州に住んで丸8年。5年前にデトロイト市内に引っ越しました。デトロイトのことや、自分のこと、大好きなマライアのことなどについてのブログです。(photo by nasa)


by dice_michigan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

昔から高いところが苦手で、5階以上の建物のベランダとかに立つと足がすくんで腰が抜けたような感覚に陥る。それなのに、高層ビルの展望台や飛行機に乗るのが大好き、という矛盾した性格を持った僕。

「恐いもの見たさ」に似たような、自分の限界を試してみたいような気分かな?

今年の夏は、Cedar Pointというオハイオ州にある遊園地に二度も行って、高所絶叫系の乗り物を楽しんだ。乗り物に乗って始まるのを待っている時なんて手の平とか緊張で汗びっしょりになるけど、その分乗り終わった後の爽快感もたまらない。

先週末に行ったときは、今まで乗ったことのなかった「Top Thrill Dragster(数秒で時速200キロに達し、120メートルの高さのU字型のレールをあっという間に上り下り)」や「Power Tower(100メートルの高さから垂直に落下)」などに乗って、「恐怖感」を克服した感じ!

まだバンジージャンプとかスカイダイビングはやる勇気がないけど、パラセーリングくらいならできるかな?
[PR]
by dice_michigan | 2007-09-25 02:08 | 僕の好き嫌い

Pittsburgh

b0023611_8532665.jpgLabor Dayの週末は、愛車サイ子に乗ってRoad Tripに出かけた。行き先は、ペンシルバニア州のピッツバーグ。デトロイトから意外と近い(4時間半)うえに、山あり川ありの楽しい街だった。

ピッツバーグは昔は鉄鋼産業の公害で大気汚染が進んでいたそうだが、今では鉄鋼産業は衰退し、学園都市(University of Pittsburgh, Carnegie Mellon University)として、またヘルスケアや金融産業の街として復活を遂げているそうだ。

ダウンタウンからすぐ近くの山には、鉄鋼産業の面影が残る登山電車があって、山の上からの眺めはとてもよかった。大学街にあるCarnegie美術館は、全米屈指の現代美術のコレクションを有しているので、現代美術ファンの僕とDには楽しめる内容だった。また、ピッツバーグ出身の現代美術家であるAndy Warholの美術館もあって、それもとってもおもしろかった。

ただ一つ、US版の「Queer as Folk」というゲイドラマの舞台となった街にしては、ゲイシーンはつまらなかった。行ったエリア(Liberty Ave)が悪かったのかもしれないけど、ゲイバーに来てる人がイケてなさすぎ…これだけは残念だった。

でも、ホテルも安かったし(Pricelineでダウンタウンのマリオットホテルが$50!)、他にも見所たくさんの楽しい旅になった。

帰り道は、ちょっと寄り道して、Frank Lloyd Wrightの建築で有名なFallingwaterに行ってきた(写真)。これは文字通り滝のすぐ上にそびえたつ豪邸で、ピッツバーグの富豪のために建てられたそうだ。世界的にも有名な建築物なので、僕のような建築ファンにはとっても興味深い名所だった。
[PR]
by dice_michigan | 2007-09-12 10:20 | 旅行記