ミシガン州に住んで丸8年。5年前にデトロイト市内に引っ越しました。デトロイトのことや、自分のこと、大好きなマライアのことなどについてのブログです。(photo by nasa)


by dice_michigan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

LAでの楽しみ

最近仕事でLAに出張することが多いのだが、出張先のTorranceは日本人がたくさんいて、日本食レストランも充実して、出張者には楽しい街だ。

でも、夜はTorranceを抜け出して別の地区に遊びに行くのが楽しい。

今週は、韓国系の友達にコリアタウンに連れて行ってもらい、焼肉食べ放題を堪能した。友達とその女友達(Sさん)が韓国語でいろいろと注文してくれたので、日本人の僕たちは苦労することなく本場の韓国料理をおいしく味わうことができた。変な話だけど、韓国料理って僕にとってはセックスと同じくらい気持ちのよいものなのだ(爆弾発言?)。

そして次の夜、Sさんを誘ってWest Hollywoodのゲイバーに繰り出した。Sさんオススメの、The Abbeyで待ち合わせ。ここは半アウトドアの大きなバーで、ベッド仕立てのラウンジや広々とした空間が楽しい所だ。僕から見てもかわいいアジア系の男の子達がうじゃうじゃいるのが、LAならではといった感じ。

続いては、Rageというクラブへ。木曜の夜だったけど人がたくさんいて、楽しかった。音楽は、PCDやNelly Furtadoなど、軽めのポップで心地よかった。LAに来て驚くのは、美人系のレズビアンが多いこと!モデルのような女の子同士が、キスとかしていて、ゲイの僕ですら見入ってしまった(笑)。ビアン専用のクラブとかもあるようで、楽しそうだった。

今回はSさんのおかげで楽しいナイトライフを過ごせた。今度はSさんに教えてもらった、韓国アカスリに挑戦しようと思う。
[PR]
by dice_michigan | 2007-03-25 04:21 | 旅行記

緑の日

St. Patrick's Dayは緑色に身を包んで、ビールを飲む日。

先々週はデトロイトのCorktownでSt. Patrick's Dayのパレードがあった。パレードそっちのけで、飲んで、飲んで、飲んで、とても楽しい週末だった。

それに勢いづいてしまい、先週はシカゴのSt. Patrick's Dayのパレードまで見に行ってきた。軽い思いつきから実現したこの旅だったが、楽しい思い出になった。ホテルは友達がダウンタウンの三ツ星ホテルをPriceline.comで安く予約してくれ、道中はFantasiaサイ子でラクラク運転。朝6時に出発して10時前にはシカゴに到着した。

午前中は寒くて、なかなかビールにありつけなくて、ちょっぴり惨めな思いをしたが(パレードはおもしろかったけど)、午後になって飲み始めたらもうこっちのもの。二日酔い防止薬、Chaserを飲みながら、緑色のビールを飲んで、飲んで、飲んで、延々と飲み続けた。

アイリッシュパブが立ち並ぶWigley Field周辺は、夕方になると店の外に行列ができるほどの盛況ぶり。そこからゲイバーがある地区までは歩いてすぐ近くだったので、ストレート友達を引き連れて、僕行きつけのゲイバーも数件はしごした。Social Butterflyと化した僕は、いろんな人とおしゃべりを満喫した。

b0023611_7221552.jpg b0023611_723889.jpg b0023611_722521.jpg

1枚目:シカゴのパレードの様子
2枚目:緑色に着色された、シカゴリバー
3枚目:Sear's Towerからのシカゴの眺め

飲み好きの僕には、デトロイトの方が性に合っていたかな。
デトロイトのいい所:道端でビールが飲める。シカゴに比べて人が少なく動きやすい。裏の道沿いで立ちションし放題→デトロイトってそういうかざりっ気のない街です。
[PR]
by dice_michigan | 2007-03-20 07:27 | 日記

Mexicoに行ってきた

b0023611_111224.jpg仕事の息抜きに、メキシコのビーチへバカンスに出かけた。

行き先はゲイのメッカ、Puerto Vallarta。幸いなことにデトロイトから直行便が出ていたので、片道5時間ほどの航路をラクラク飛ぶことができた。

Puerto Vallartaはゲイバーやゲイの人が経営するレストラン、ホテル、ビーチなどが街中にあって、楽しく快適に過ごせる場所だ。5年ぶりに訪れてみると、結構観光地化が進んでいて、ちょっぴりカンクーンに雰囲気が近づいていた。

それでもOld Downtown周辺は情緒豊かな石畳に覆われて、ハイビスカスやブーゲンビリアも咲き乱れてかわいらしい街の風景は残されていた。

僕はカリブ海よりも太平洋の方が好き。なんとなく日本のビーチの雰囲気を思い出すからだ。しかも西向きなので、毎日ビーチから夕日を眺めることができて幸せだった。シーフード(特にエビ)の味も、太平洋側のほうがメキシコ湾で獲れたものよりも生臭みがない気がした。

泊まっていたホテルはゲイビーチのまん前だったので、毎日ビーチにふらりと出かけて、マルガリータを飲みながら優雅に読書(ホテルに置いてあったシドニーシェルダンの小説、一気に読んでしまった)。気が向けば隣のビーチチェアに座っている人たちとおしゃべり。数日経つ頃には、知り合いが増えてちょっとしたコミュニティーの一員になったような気分だった。そのほとんどは一時的に滞在している観光客だったけど、中にはレストランのオーナーカップルもいて、彼らのレストランに食事に行ったら、温かく迎えてくれて感激だった。

一番うれしかったのは温暖な気候だった。昼は暑すぎずカラッとしていて、夜になっても半そででいられる程度の涼しさ。ホテルでは一晩中窓を開け放して、外から入ってくるそよ風や波の音でリラックス睡眠。寒いミシガンから来た僕たちにとっては、格別の待遇だった。
[PR]
by dice_michigan | 2007-03-10 22:43 | 旅行記