ミシガン州に住んで丸8年。5年前にデトロイト市内に引っ越しました。デトロイトのことや、自分のこと、大好きなマライアのことなどについてのブログです。(photo by nasa)


by dice_michigan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

金曜日の夕方、DIA(デトロイト美術館)で新メンバー向けのレセプションが開かれた。僕とDも今年の初めにメンバーになったので、顔を出してみた。

DIAは現在改修工事中のため、「Greatest Hits Remixed」と題されたごく一部の有名な展示作品が見られるだけだ。来年には改修が終わってリニューアルオープン予定だそうだ。

レセプションではスタッフの挨拶やプロモーションビデオが流された後、美術館説明員の方がツアーをしてくれたのだが、これが思いのほか興味深くて楽しかった。普段は「ツアー」と呼ばれるものを敬遠しがちで、グループ行動よりも自分のペースで見たい方なのだが、今回は説明員の豊富な知識から絵画や彫刻について学ぶいい機会だった。それと同時に、美術館は何度来ても新たな発見があっておもしろいことが分かった。

説明員はDIAの名物であるDiego Riveraの壁画についても解説してくれた。Rivera氏が描いた自動車産業のイメージの中にはたくさんのメッセージが込められている。組み立てラインの曲線が母親像や胎児、根、化石などから連想される「創造」を表し、左右のイメージが対となって生と死、善と悪などが表現されているということも、改めて解説してもらうととても奥が深くてためになった。

絵画などを見るときは「あ、この絵きれい」とか、「この構図はバランスが取れていて美しい」くらいにしか思わずに素通りしてしまうことが多いけど、「このアーティストはどんなメッセージを込めてこの作品を作ったのだろうか?」ということを、じっくり時間をかけながら考えるということもとても楽しいことが分かった。

これからは定期的に美術館に足を運んで、少しずつ一つ一つの美術作品について考えてみたいと思った。同様のツアーは何種類か用意され、オーディオガイドも無料で貸し出されているそうだ。ちょうどタイミングよく、僕はこの美術館でボランティアを始めることにしていたので、ボランティアの合間に作品と触れ合う時間を作っていこうと思う。
[PR]
by dice_michigan | 2006-04-30 20:36 | 僕の世界

バックバトン

「Hey!! My buddy!! What's up?」のノリノリサーファー兄貴のYoshiさんからデトロイトの星の王子様(この表現気に入ったわ!)へバトンがまわってまいりました。

バックバトンです。ゲイにとっての必需プレイ、じゃなくて必需品ですね。

1.財布はどんなものを使っていますか?
ミシガンに引っ越してきたばかりの2002年の夏、アナーバーのBriarwood MallにあるWilson's Leatherで19ドルで買った財布を平日使用しています。4年近くたっても全くほころばない優れもの。ちなみにカード類のほかに名刺もここに入れているので、ポケットの中で揉まれて角がシワシワになることもあります。

週末は、ポケットがかさばるのが嫌なので、必要なクレジットカードや免許証だけを、バインダークリップとかブロッコリを束ねる紫色のゴムとかで括って持ち歩いています(おしゃれとは程遠い)。

札束入れや小銭入れは持たないで、札は裸で持ち歩きます。きついジーンズなどをはいているせいか、ポケット内の使用体積は最小限に抑えたいほうです。

いつかはエレガントにCoachとかビトンの財布を持ってみたいんですけどね…

2. 携帯はどんなものを使っていますか?
T-MobileのNokia3220。理由はカメラフォンの中で一番安かったから。シンプルだし、安い割には写真も割ときれいにとれるので、気にいっています。

b0023611_745461.jpg
こんなの

会社用にはCingularのSamsung製の安い携帯が支給されています。可もなく不可もない電話です。

3. 使っている携帯ストラップは?
Nokiaはストラップなし、Samsungはついてきたストラップを使用。ストラップにはこだわりません。

4. 手帳持ってますか?
数年前に買ったSonyのClieを使ってます。

5. バッグはどんなものを使っていますか?
普段車で移動するときはバッグを持って出かけることがあまりないんですよ。本当はバッグとか小物入れとか大好きなんだけど、使う目的がないのでいつもウィンドーショッピングだけして楽しんでます。

仕事用にはCompUSAで買った安いラップトップカバンを使っています。一時期Kenneth Coleの黒革鞄を買おうかと思った時期もあったけど、カバンに金かけるよりかは服に集中することにしました。

他にお気に入りのバッグといえば、Whole Foodsに買い物に行くときに使う肩掛け買い物バッグ。これにたくさんの物を詰め込んで車まで歩くのが密かな喜びです。

6. バッグの主な中身は?
昔はバッグの中身が薬局化していた時期があったけど、最近は頭痛薬入れてるくらいかな。サングラスやiPodなどを入れるときもあります。旅行時は地図とガイドブックが必需品。

7. 持ち歩かないとダメ!というものを3つあげましょう。
携帯、免許証、クレジットカード。これらはないとソワソワしちゃいます。

8. これを回す5人は?
カバンの中身はその人の性格が現れますよね。見せてくれる人、ご自由にどうぞ。
[PR]
by dice_michigan | 2006-04-28 08:47 | 僕の世界

お風呂バトン

mixiのミーちゃんからのバトン、受け取ります(遅くなってごめんね)。

1.シャワー派?浸かる派? 
平日はシャワー派だけど、週末など時間があるときは浸かる派です。

2.最短時間は?
シャワーは10分、風呂は30分。

3.最長時間は?
30分以上入ることはまれかな。日本のスーパー温泉とか行くと1時間くらいいることもあるけど。

4.どこから洗う?
髪→顔→体

5.歌う?
近所迷惑なので歌わない(歌うのは車の中だけ)。

6.何歌う?
車の中ではもちろんマライアを熱唱。シャワー中は口パクで。

7.何考えてる?
平日はその日にやる仕事のこととか考えてる。週末は何も考えずにのんびり。

8.温泉好き?
大好き。

9.泳ぐ?
泳がない。

10.隠す派?オープン派?
基本的にオープン派。「I'll show you mine if you show me yours」の精神で…(笑)

11.好きな人又は想い寄せてる人がいたら興奮する?
ゲイにぴったりの質問ですね(笑)。ドキドキしながら目が下のほうに行っちゃうと思うけど、外見に異変が起こるほど興奮することはありません。

12.好きな入浴剤の色は?
にごり桜色。

13.好きな入浴剤の香りは?☆ 
クールバスクリンの香り。
 
14.お風呂あがりはパジャマ派?全裸派?下着派?私服に近い服派?
朝に入ることが多いので、お風呂あがりは私服派or仕事着派です。

15.お風呂にあったらいいなと思うものは?
肩まで浸かれるジャグジーを持つのが夢。あとは、隠しカメラとか(嘘)?
 
16.バトンを回す人5人?
お風呂好きな人どうぞ。
[PR]
by dice_michigan | 2006-04-27 10:03 | 僕の世界

シカゴ慰安旅行

先週末は仲のよい日本人&日本語をしゃべるアメリカ人友達とシカゴへ行ってきました。フォト日記風に書いてみます。

b0023611_10412792.jpg
シカゴに到着直後。LAに続いてまたもやMitsuwaの山頭火でラーメンセットを食べてしまいました。

b0023611_1043145.jpg
友達が日系美容院で髪を切ってもらっている間、「髪切らない組」はFrank Lloyd Wright建築で有名なOak Parkという街に行ってみました。100年近く前に建てられた住宅の数々が今でも健在で、とても興味深かったです。

b0023611_10452623.jpg
夜はシカゴのダウンタウンに繰り出しました。Grant Parkという大きな噴水がある公園からの景色。左に角が立って見えるのがシアーズタワーです。この後、Boystown近くにあるBerlinというクラブに行きました。ゲイとストレートが半々くらいのこのクラブ、音楽もよかったし来ている人たちの雰囲気も楽しくて、2時近くまで踊りました。とってもいい気分転換になりました。

b0023611_10503891.jpg
翌日は回転寿司レストランへ。久しぶりの回転寿司に興奮しました。

b0023611_10513487.jpg
食べ過ぎちゃった。でもこれだけ食べて、30ドルくらいでした。

b0023611_10521181.jpg
帰る前に、モールでお買い物。安くてかわいい服が揃ったH&Mで大興奮。さんざん散財した後も、もっと欲しくて後ろ髪をひかれる思いでした。危険だわ、このお店。

友達とドライブ旅行なんて久しぶりだったので、とても楽しかったです。道中いろいろな話ができたし、ホテルも数人でシェアしたりして、なんだか学生時代に戻った気がしました。たまにはこんな旅行もいいよね。
[PR]
by dice_michigan | 2006-04-26 11:02 | 日記

デトロイトの桜

b0023611_7494590.jpg
デトロイトのBelle Isleにちょっとした桜並木があると聞いて、見てきました。ちょうどピークを少し過ぎて、ほんの少し葉桜になりかけています。見るなら今週末が最後のチャンス!

場所はBelle Isleに入って右カーブを超えた辺り。噴水よりもダウンタウン側に池がありますが、その周りに植えられています。なんでもトヨタだか豊田市から自動車産業の友好を願って寄贈されたものなんだとか。

b0023611_7515431.jpg
b0023611_752666.jpg


でもね、ちょっと迫力に欠ける感じがして、感動もほどほどでした。ミシガンの気候が桜に合わないのか、お手入れがされていないのか、育ち方もイマイチという感じでした。

いつかワシントンDCの桜並木を見に行ってみたいです。
[PR]
by dice_michigan | 2006-04-22 07:58 | デトロイト・ミシガン

黒人のステレオタイプ

先日行ったFloetryとGoapeleのコンサートは、1000人近くいたであろう観客の99パーセントが黒人だった。年齢層は20代から30代くらいのカップルが多く、割と落ち着いた感じのグループだった。

9時のスタート前に着いたときは、劇場前に長い列ができていた。僕らもこの列に加わったのだが、列の進みがとにかく遅くて、結局中には入れたのは1時間後の10時、既に一人目のオープニングアクトが終わった時だった。VIPチケットを持っていた人が優先的に通され、入場口では一人一人金属検査が施されていたので、進むのが遅かったようだ。

それにしても常識で考えたら信じられないこの手際の悪さに、僕とDはとてもイライラし、もうコンサートは諦めて帰ろうかとさえ考えたほどだった。ドアまで行って「どうなってるんだ?」と苦情を言いたくもなった。普段我慢強いイメージがある日本人だけど、基本的に訳も分からず待たされるのは嫌だよね。ちゃんと時間前についたのに、1時間も外で待たされるなんてねぇ。

それとは対照的に、周りの黒人たちはとてもおとなしく待っていたのが驚きだった。イライラするどころか、友達と笑い話をしながら楽しく待ち時間を過ごしている、という感じだった(それも、『ガハハハ』と大笑いするのではなく、『イヒヒヒ』と小声で笑う感じで、周りの和を乱さない態度だった)。誰一人怒ることなく、終始平和でほんわかした空気が漂っていた。僕が持っていた黒人のステレオタイプ(うるさい、攻撃的、など)とは全く違う姿を目にしたのが新鮮な発見だった。

また、なんとなく日本人にも通じるような集団としての常識が浸透している印象も受けた。例えば、公衆の面前で大騒ぎしてはいけない、人の迷惑になることをしてはいけない、などなど。「恥」の意識すら存在するような気がした。一般的にアメリカ人というと自己主張が強いイメージがあるが、黒人のグループは「怒ったってしかたがない、まあええじゃないか」というある意味日本人にも理解しやすい考えを持っているような気がした(とはいえ、日本人である僕は列で待っている間カリカリしていたのだけど…)。

もちろん、年齢層によっても違いはあるのだろうが…きっと10代の若者達が集まるイベントだったらもっとうるさくなっていたかもしれない。僕と年齢層が同じくらいだから分かり合えた部分も多かったのかな?

とはいえ、もっと「内側から見た黒人コミュニティ」を知りたいと思った一日だった。
[PR]
by dice_michigan | 2006-04-20 22:13 | 僕の世界
b0023611_1136293.jpg
連休最終日の夜はDとコンサートに行ってきた。Floetryという女性デュオと、Goapeleという女性アーティスト。ジャンルはNeo Soulで、メインストリームのR&Bとは一線を引いた、個性的なシンガーソングライターが多く存在するジャンルだ。

実はアルバムすら持ってなくて、ラジオで聴いたことがある程度だったのだが、とてもいいコンサート体験になった。

b0023611_11445980.jpgGoapeleの方は1時間弱のステージだったが、僕らの立っていた位置からステージまでとても遠くてよく見えなかったのもあるかもしれないけど、パフォーマンス自体はごくごく普通だった。「応援ありがとう~」、「次の曲は、世の中のカップルに捧げます~」というような、ごくありきたりのエムシーで、あまりステージ慣れしてないのかなという感じだった。なーんて文句を言った割には、コンサート後にグッズコーナーに現れた間近の彼女を目にして「キャーッ!」っていう感じにコーフンしたけど(笑)。有名人を間近に見るのは楽しいよね。


b0023611_11481960.jpgFloetryは、期待を裏切らない素晴らしいパフォーマンスで、曲の後半の盛り上げ方が最高だった。ラップと歌を合わせたスタイルもユニークで、バンドの演奏やメンバーとの掛け合い方などもエンターテイニング。真のパフォーマーという感じだった。小柄のラッパーの方は声も外見もとてもオーガニックでかわいくて、大柄のシンガーの方はファルセットの声や豊満な肉体(こう書くといやらしい。笑)が予想以上にセクシーで、ビジュアル的にもとっても魅力的な二人だった。


Dは特にこの手の音楽が好きというわけではないのだが、Floetryのパフォーマンスは結構気に入ってくれたようだ。よかった…この人たち、日本では売れているんだろうか?日本でライブを見る機会があったら是非お勧めする。

あとで時間があったら、このコンサートで音楽以外に感じたことも書きたいと思う。
[PR]
by dice_michigan | 2006-04-18 11:54 | 日記

Easter Weekend

たまにはブログの連続更新しますわ…

今週末はイースターの3連休を満喫中。

メインの行事は、買い物。ストレスが溜まっていたせいか、買い始めたら歯止めがきかなくなってしまいました(笑)。

TroyのSomerset Collectionでは、下のような感じになりました。
b0023611_135659.jpg
買いすぎ(笑)?下から順に、Aveda、Williams Sonoma、Puma、そしてMarshall Fieldsデパートで洋服やタオルなどを新調。DはApple Storeで自分用のiPodを買っておりました。

それから、FerndaleのHouse of Chantsへ行き、僕はTシャツ2枚、Dへもこのところ家事をまかせっきりにしていた御礼にTシャツを進呈。

Contempo Homeではバスルーム用のベンチも購入。D様はBirminghamのSeeで自分用のメガネとサングラスも新調しておりました。

今週末だけで、いったいいくら使っちゃったんだろう(汗)。でも、どこかに旅行に行くことを考えたら、こっちの方が安上がりだったかしらね。

b0023611_1485128.jpg昨日の夜は、デトロイトのOsloでライブを観ました。イギリス在住の日本人のエレクトロポップ歌手、Mu(ムー)さん。壁をよじ登っちゃったり、逆立ちしたり、迫力のパフォーマンスがすごかったです。

僕はあいにくお話しすることができませんでしたが、DJをやっている友達は彼女と一緒にお寿司を食べたそうです。うらやましー。
[PR]
by dice_michigan | 2006-04-16 14:09 | 日記
ちょっとローカルすぎるネタかもしれないけど、近所のお気に入りのお店を紹介。

Amsterdam Espresso
b0023611_1257035.jpg

数週間前にオープンしたばかりのコーヒーショップ。既にDと僕のお気に入りスポットと化しています。古めかしいアパートメントビルの一角、People's Recordsというビンテージレコード屋のお隣に店を構え、中に入るとフレンドリーな店員さんが出迎えてくれます。

一番うれしいのは、日曜と夜でも開いていること。他の都市では考えられないことかもしれないけど、デトロイトのスタバなどは、夕方や週末には閉まってしまう所が多いのです。わざわざ遠方から訪れるような所ではないけど、読者の中にご近所さんがいれば是非お立ち寄りください。

どうかビジネスが軌道に乗って、お店が長続きしてくれますように。以前好きだったCafe de Troitは売り上げ不振で閉店してしまったから…

Amsterdam Espresso
4639 2nd Ave.
Detroit, MI 48201

残念ながらビルが火事になり、閉店してしまいました

Avalon International Breads
b0023611_1354767.jpg

このブログに何度も登場しているし、この辺りでは有名なので知っている人も多いはず。ここはオーガニックの原料を使用したベーカリーで、焼きたてのパンやマフィン、ブラウニー、サンドイッチなどが買えます。コーヒー・紅茶・ジュース類などと一緒に、軽い朝食や昼食をとるにはもってこい。週末のお昼時などは、行列ができるほど人気なお店。天気の良い日などは、外のテーブルに座ってのんびりと過ごすのも楽しい。

僕のお気に入りのパンは、Brioche各種(Spinach/Chocolate/Cherry-filledなど)、レモンパイとSticky Buns。これらのパンを作っている製造スタッフには日本人の方もいます。ベーカリーらしく、夕方や日曜には閉まってしまうのでご注意。

Avalon International Breads
422 W. Willis
Detroit, MI 48201
313-832-0008

[PR]
by dice_michigan | 2006-04-16 13:24 | デトロイト・ミシガン

余暇がない

しばらく更新が途絶えてしまった。ここのところ残業続きで、週末は体調を崩してしまい寝込んでいた(でも月曜には出勤できるまで回復していたのが幸い)。

この1週間の間にもいろいろとブログに書きたいことがあったけど、考えをまとめる時間がなくて、いざ書こうと思っても体調が悪くて筆が進まなかったり、しばらくたつと「あーもう面倒くさいからいいや」と書くのを放棄してしまったりの状態。ブログって僕にとってはやっぱり余暇の楽しみであって、時間や精神的に余裕のないときは書く気が起きないものなのだ。

とにかく、生きていますよということだけを伝えたくて、重い筆を上げることにした。
[PR]
by dice_michigan | 2006-04-12 12:25 | 日記