ミシガン州に住んで丸8年。5年前にデトロイト市内に引っ越しました。デトロイトのことや、自分のこと、大好きなマライアのことなどについてのブログです。(photo by nasa)


by dice_michigan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:日記( 84 )

D's Tennis Tournament Day 2

前日に引き続き、土曜日にはダブルス2回戦が開かれた。結果は二人ともいまいちエンジンがかかりきらないまま、惜敗。でも前回から着実に成長を感じさせるプレーだったので、悔いはないようだ。というわけで、お疲れ様でしたー。

b0023611_22344719.jpg
ブルーのDに対して、相手はイエローとレッドというカラフルな構成。色で負けた?

夜はこのテニス大会のバンケットが開かれた。会場はSouthfieldにあるSkyline Club。この辺を通ったことのある人なら、金ピカの高層オフィス群を見かけたことがあるだろう。その一つのビルの最上階にある、結構高級そうなところだった。ちなみにこの建物の中には「Musashi」という日本食レストランも入っているが、僕は行ったことがない。中の様子をチラッと覗いてみたが、会社の接待とかで使われそうな雰囲気だった。

b0023611_22412019.jpg
会場からの眺め。周りは緑ばかりで、夜になると真っ暗。ちょっとおもしろみに欠けた。

b0023611_22421184.jpg
バンケットの様子。

バンケットのお楽しみ、くじ引き大会では、普段くじ運の悪い僕が珍しく「CDセット」をゲット。ゲイのパーティ音楽をいろいろと集めたもので、20枚くらいあった。普段クラブ音楽とかはあまり買い集めないので、これはちょうどよかった。家でパーティをするときにぴったり。

土曜の夜ということで、バンケットの後はテニス連中とゲイクラブに出かけることにした。今日行ったのは最近リオープンしたばかりのBackstreet。内装も一新して、なかなか盛況だった。

b0023611_22475823.jpg
Backstreetの中の様子。「いかにもゲイクラブ」って感じ?ちなみにお立ち台の上ではパンツ一丁のお兄さんが踊ってます。

Dもテニスで疲れていたので、早めに家に帰った。
[PR]
by dice_michigan | 2005-08-21 22:51 | 日記

D's Tennis Tournament Day 1

うちのDはデトロイトにあるMotorcity Tennis Alliance (MCTA)というゲイのテニス団体に所属しているのだが、今週末は年に一回のトーナメント戦が開かれている。他都市からも何人ものテニス愛好家たちが集まり、参加者は100人近く。ちょっとした大イベントだ。

前夜祭は木曜日にFerndaleのComo'sで開かれ、僕も会社の飲み会(小山商店の近くの某日本食レストラン。おいしかった~)を経てからジョインした。そこでトロントからのゲイカップルと3ヶ月ぶりに再会し、久しぶりにおしゃべりに花が咲いた(3ヶ月前に行ったトロントについては、旅行記カテゴリーを見てね)。

金曜日は僕は寝不足でフラフラになりながら仕事に行ったのだが、Dの方は午前中シングルスの1回戦があり、見事初勝利。午後の2回戦は惜しくも敗退したが、いいプレーができて満足のようだった。

そして夕方のダブルス1回戦。僕は午後の会議がキャンセルになったので、急遽早退して試合を見に行くことにした。去年から引き続き、トロントのカップルの片割れR君と組んでの試合。相手はデトロイトの強豪ペア。

どうやら僕は勝利の女神のようで、僕が試合を見に行くとDの調子が上がるようだ。1セット目は7-5でD・R組がゲット。2セット目は僕が水を買いに行ったり立ち話をしている間に0-6であっという間に負けてしまったようだ。そして3セット目、僕も応援席に戻り女神光線を発射しつつ、ミスが多くなりだした相手の弱点をうまく攻めて、見事に勝利を飾ることができた。すごいわ、僕の彼ったら!

b0023611_19475089.jpg

目立ちまくりのショッキングピンクのD(リストバンドもヘッドバンドもピンクで統一)。「衣装では誰にも負けないわよ!」と気迫満々。Dがコートで転んだときに、通りすがりの人が「The pink went down(あ、ピンクがやられた)」と言い残していったのが面白かった。

b0023611_1951235.jpg

なんだかどこにいても迷子にならなさそう。

試合の後はお楽しみのジャグジータイム。いや~、運動した後のお風呂は気持ちがいいねぇ。って僕はしてないか。R君たちの裸も初めて拝んじゃった。キャッ。

夜はR君たちにうちの方まで来てもらい、近くのメキシカンレストランAgaveで食事。今日は昼は暑かったけど夜になると風が涼しく、外のパティオの席で気持ちよく食事ができた。食事の後は、R君たちに新居を披露。友達に自分の家を見てもらうのってすごく楽しい。

土曜日は午後からダブルス2回戦。がんばるぞー、おー。
[PR]
by dice_michigan | 2005-08-20 20:00 | 日記

インディアナ Again

またもや出張でインディアナに来ている。今回は一人で来たので、車の中では自分の好きな音楽をかけながら熱唱したり、携帯で友達に電話をかけたりと楽しみながらドライブできた。

夜はインディアナのスーパーで夕食を購入。ふと気がついたのだが、ひょっとしてインディアナのスーパーって冷蔵されたビールを売っていない?経費削減なのか、買ってすぐ飲みたいアル中の人(→僕?)への戒めなのか。しかたないのでホテルの氷で冷やしながら部屋で晩酌。

ビールを飲みながらホテルの部屋から明日の会議の準備。一人の出張もなかなか気楽でいいものだ。

なんて思っていたら、夜9時頃にすごい嵐が来て停電。ラップトップは充電されていたので仕事は続けられたけど、ホテル周辺は見渡す限り真っ暗で、見えるのは雷光と蛍の光のみ。結局停電は翌朝の5時頃まで続いた。

そういえば去年日本に出張に行ったときも、ものすごい台風で一晩中電車が不通になったことがある。僕って嵐を呼ぶ男なのだろうか?
[PR]
by dice_michigan | 2005-07-27 21:07 | 日記

誕生日にしたこと

さるさる日記を閉鎖することにしたので、時々日々の日記をブログに掲載しようと思う。

さて、22日の誕生日には仕事を早めに切り上げてDとデトロイトのダウンタウンにあるスシバー、Osloに行ってきた。デトロイトのアジア人のほとんどは郊外に住んでいるので、デトロイト市内でアジア料理というと、黒人向けのこてこてのチャイニーズが主なんだけど、そんな中、「おしゃれな寿司バー」として去年オープンしたのがここなのだ。

僕の同僚の日本人に昔寿司シェフをしていた人がいるのだけど、彼の知り合いの日本人シェフがこの寿司バーで寿司を握っているらしい。その人はシェフ兼DJだそう。そしてこの寿司バーは地下がクラブになっているので、その人にとっても都合のいい構成なのだろう。

ここは他のレストランと違って本当に「寿司専門店」という感じで、寿司以外にはてんぷらなどの前菜が数品ある程度。お酒類は豊富なので、まさに「寿司&バー」という感じ。キリン、サッポロ、アサヒなどのビールの他にも、ここには「常陸野」という地ビールが置いてあって、今回初めて試してみたが、なかなかおいしかった(白、赤、クラシックバージョンがあるのだが、白がお勧め)。

寿司のほうは値段の割には量が少なめかなという気もするが、味自体には文句なし。本当にお寿司だけを味わいたければ、郊外のレストランに行けばいいのだろうけど、とにかくデトロイトでこういう都会的な雰囲気を味わえるというだけで、この値段は許せてしまう。

そんなおいしい寿司体験をした翌日は、アナーバーの同僚宅でバーベキューパーティーが開かれた。日本人ばかりの集まり(&D)ということで、日本風の焼肉、韓国風焼肉、そして同僚の一人が作ってきてくれたバンバンジー、角煮、豚キムチなどなど、おいしい肉料理を堪能。デザートはフルーツのタルトと日系スーパーで調達されたゼリー製品など、日本人の口に合うものばかりで、思わずO家さんのように小踊りしてしまうほど。

最近「日本語使いすぎて英語低迷」なんて言っていたけど、誕生日くらい好きなだけ日本語使ったっていいよね。同僚たちも無理なくDと英語で会話してくれたので僕も心配しないですんだ。

というわけで、今年の誕生日はおいしいものをたくさん食べることができて、楽しい週末になった。
[PR]
by dice_michigan | 2005-07-25 12:25 | 日記