ミシガン州に住んで丸8年。5年前にデトロイト市内に引っ越しました。デトロイトのことや、自分のこと、大好きなマライアのことなどについてのブログです。(photo by nasa)


by dice_michigan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ビザ・グリーンカード体験談 7: H1bビザの更新

H1-bビザの有効期限が3年経って切れたので、更新のために日本に一時帰国してきた。3年前にビザを取得したときは4週間もかかったものが、今回は何と1週間足らずという、スピード取得となった。

前回と大きく異なる点は、アメリカ大使館での面接が必須になったこと(前回は旅行会社を通して郵送でやった)。自分でインターネットを使って各大使館・領事館の面接予約状況をチェックできるのだが、僕が行こうとしていた時期は東京の面接は混んでいたし、面接可能な曜日もうまく合わなかったので、今回は大阪領事館で面接することにした。夏の留学シーズンも過ぎていたので、面接は比較的空いていて、帰国予定だった2週間後の面接がラクラク予約できた。

必要な書類は日本帰国前に全て揃えた(用心過ぎるくらい完璧に)。同じ会社で同じく最近ビザを更新したばかりの人がいたので、彼にいろいろとアドバイスをもらって準備を進めることができた。申請書などは前回H1bを取得したときのものやグリーンカードの申請関係の書類を参考に、間違いや不備な点がないよう細心の注意をはらった。

必要書類の中で一番面倒だったのは、申請料の振込みだった。海外からの振込みや、クレジットカードでの支払いが不可能だったので、親に頼んで地元の銀行から振り込んでもらった。その領収書の原紙を面接当日に持参しなければいけなかったので親にアメリカの自宅まで郵送してもらったのだが、これが思いのほか時間がかかり(1週間以上)、日本帰国の一日前に届いてなんとかギリギリセーフだった。

面接2日前に飛行機でデトロイトから関空へ飛んだ(到着は面接の前日)。空の旅は至って快適で、初めて降り立った関空から大阪のホテルまでのアクセスもラクラクだった。泊まったホテルは領事館のすぐ近くにあり、値段もリーズナブルでとてもよかった(これも同僚からの情報があったおかげ)。ついたのが夜遅かったので外出などはせずに、コンビニでお弁当とビールを買って、ホテルの部屋でくつろいだ(日本帰国一日目ということもあり、コンビニに行けるだけでとてもうれしくなってしまったのだが…)。

心配性な性格から、書類を何度も何度も確認して、予約時間の2時間前(領事館開館の1時間前)にホテルをチェックアウト、ドトールコーヒーで時間をつぶした。開館時刻に領事館に行ったら、列もなく、特に面接予約時間に関係なく入館できるようだったので、さっそく中に入った。電気機器や飲食物など、持ってきてはいけないものは心得ていたので、セキュリティーはラクラク通過。3階の受付で書類を提出した。

だがここで問題が発生した。プリントして持参した申請用紙のバーコード部分の印刷がぼけていて、受付の機械でうまく読み取れないという事態になってしまったのだ。PDFの変換ミスが原因だったようだが、その時点ではもう後の祭り。受付の方の指示に従って、徒歩10分のFedEx Kinko'sへ行ってパソコンで情報を再入力、プリントアウトして、再び領事館に戻った。この時点ですでに僕の本来の予約時間を過ぎていたので、早めに行っておいて本当によかった。

再び受付で書類を提出。今回は問題なく処理された、と言いたかったが、受付の人が新人さんだったようで、窓の向こうで教育係の人とあーだこーだと話し合いながら、長い時間をかけて僕の書類を処理していた。「ここで処理にミスが起こったりしたら、ビザ取得にも支障がでてしまうかも」なんて不吉な不安が頭をよぎり、気が気ではなかったが、なんとかそれも無事終了。2階の面接場所へ移動した。

面接のフロアには10人ほどの人たちが並んでいたが、僕の番はすぐにきて、面接自体は30秒で終了。「アメリカでどんな仕事をするの?」といった簡単な質問から始まったが、「グリーンカードの申請はしているの?」という質問でしばし戸惑ってしまった。僕が申請しているビザは非移民ビザといって、一時的にアメリカに滞在する人用のもの。素直に「グリーンカードの申請してます」と言っちゃうと、永住の意思を示すことになって、ビザが却下されたりしないか、不安が頭をよぎったのだ。

でも、嘘をついたらますますややこしいことになると思い、正直に「はい、してます」とちょっと焦りながら答えたら、面接官が「オッケー。just checking(だから心配しなくていいのよ)」と言ってくれたのでほっと肩をなでおろした。「書類をざっと見ましたが、問題ありません。あなたの申請を承認します」とのコメントに、万々歳の気分だった。

それから約3日後には、自宅にビザ付きのパスポートが返送されてきた。出張を終えて、そのビザでアメリカ入国した。これであともう3年はアメリカを自由に出入りすることができる。

ちなみにグリーンカードの方はまだ自分の面接ができる順番待ちの状態で、今現在約2年半くらい待たなければならないようだ(実際にはもっと早まると思うけど)。
[PR]
by dice_michigan | 2006-10-22 14:01 | ビザ・グリーンカード