ミシガン州に住んで丸8年。5年前にデトロイト市内に引っ越しました。デトロイトのことや、自分のこと、大好きなマライアのことなどについてのブログです。(photo by nasa)


by dice_michigan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

SuperBowl Gospel Celebration @ The Masonic Temple

b0023611_15143799.jpgデトロイトに滞在中のある方と一緒に、写真のコンサートに行ってきた。

SuperBowl Gospel Celebrationと呼ばれるこのイベントは毎年スーパーボウルが開催される都市で行われるものだそうだ。SuperBowl公認のイベントということで、司会者やパフォーマーの紹介をしてくれる人はほとんどNFLの元選手達。僕はフットボールのことはよく分からないのだが、出身がデトロイトの人やデトロイトライオンズの選手が出てくると、会場は盛り上がっていた。

パフォーマーは出演順に、The Clark Sisters, Mary Mary, Hezekiah Walker, The WinansとPatti Labelle様(しかもデトロイトのAnita Baker様もちらっと顔を出した!)。どれも感嘆のため息が止まらないほど素敵なパフォーマンスで、大満足の夜だった。

The Clark SistersはDr. Mattie Moss Clarkというデトロイトの有名なゴスペルシンガーの娘たちらしい。30年のキャリアを持つって言ってたけど、見た目はすごく若くてエネルギーたっぷりの歌いっぷりだった。

Mary Maryは2000年にデビューしたゴスペルデュオ。R&Bチャートでもヒット曲があったので、名前だけは聞いたことがあったけど、とてもかわいい女の子二人組で、歌もとってもうまかった。

Hezekiah Walkerはブルックリンのゴスペル教会の牧師さんだそうで、一般人風のコーラス隊との絡みや振り付けもおもしろく、エンターテイニングだった。

デトロイトが誇る4人兄弟のゴスペルグループ、The Winans。その中の一人であるMarvinはデトロイトでは有名な牧師で、日曜の朝にラジオ番組も持っている。Mario Winansのお父さん(僕が去年見に行ったVickie Winansの元夫)でもある。彼らはデトロイトでかなり人気のようで、往年のヒット曲のパフォーマンスに会場は大いに盛り上がった。

最後のとりはなんといってもPatti様。Divaらしくオーバーな動きで会場をわかせて、MCもコメディー調の笑える話から、まじめで感動的な話まで、最後のほうまで観客をうまく惹きつけるパフォーマンスだった。

ただ一つだけ残念だったのは、Patti様が最後から2曲目のSomewhere over the Rainbowの最後の部分で喉を痛めてしまったらしく、最後がちょっぴり盛り上がりに欠ける終わり方だったこと。あれはやらせだったのか、それとも本当のアクシデントだったのか、はっきりとは分からなかったけど、どかーんと豪快にハッピーに終わるのを期待していたので、なんだかしんみり終わったのが納得いかなかった。

とはいえ、ますますゴスペルの魅力にとりつかれたイベントになった。
[PR]
by dice_michigan | 2006-02-04 15:36 | デトロイト・ミシガン