ミシガン州に住んで丸8年。5年前にデトロイト市内に引っ越しました。デトロイトのことや、自分のこと、大好きなマライアのことなどについてのブログです。(photo by nasa)


by dice_michigan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日光のバカンス

実は僕らが日本一時帰国中、我が家の日光(猫)もバカンスに出かけました。というのは半分冗談で、実は帰国する1週間くらい前に日光が嘔吐を繰り返すようになり、病院に連れて行ったのです。

以前肝臓系の大病をしたことがあるので、少し心配だったのですが、診断結果を聞いて肩すかしをくらいました。

彼女は「便秘」でした。

「いやぁん、あの子も一人前の女の子だったのね。そういえば最近お腹の辺りがきつそうだったわ…」というわけで、病院で浣腸をしてもらって、滑りやすいようにと油っぽいクリームを口から食べさせて、一件落着退院したのですが、その後僕らが帰国数日前になって家に再び嘔吐の跡がありました。

そのまま家に残すのは心配だったので、彼女だけ帰国中動物病院に預けることにしたのです。特に苦しそうな顔もしていなかったし、「あんなかわいい子が病気になるわけがない」という親バカ心から特に不安はなかったのですが、念のためということで…

僕らは1月2日にアメリカに戻ってきたのですが、その日は動物病院がお休みだったので、日光に会えたのは翌日の3日のことでした。彼女は特に体調の変化もなく、元気にやっていたようです。

久しぶりに外出をして、他の猫や病院の人たちにかわいがってもらって、少しは楽しんでもらえたかといえば、そうでもなかったみたいです。「心細かったよ~」とばかりにミャーミャー鳴いて出迎えてくれました。やっぱり猫にはバカンスよりも家でゴロゴロしてるほうが一番いいみたい。ごめんね、日光。

もう一匹のサーシャの方は、キャットシッターを申し出てくれた近所の友達にお世話になりながら家で優雅に暮らしていました。サーシャは日光がいなくて張り合いがないせいか、この10日間で僕ら以上に体脂肪率が上昇してしまった模様。

それにしても、日光の浣腸と入院費で、500ドル以上かかってしまいました。あの子はお金のかかる子だわ。
[PR]
by dice_michigan | 2006-01-05 10:49 | 日記