ミシガン州に住んで丸8年。5年前にデトロイト市内に引っ越しました。デトロイトのことや、自分のこと、大好きなマライアのことなどについてのブログです。(photo by nasa)


by dice_michigan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

一緒に仕事がしやすい人の特徴

久しぶりに仕事のことについて。

いろいろな同僚と一緒に仕事をしていく中で、「この人とは楽しく仕事ができる」という人と、「この人と仕事をすると苦労が多い」という人に分かれる。それは性格や相性の問題でもあると思うけど、それ以外にもうまく仕事をしている人には共通点があると思う。自分もそんな「一緒に楽しく仕事ができる人」を目指す意味も含めて、その人たちを見て気がついた点をまとめてみよう。

時間をうまく見積もれる人
何かを依頼したとき、「これくらいの仕事だったら午前中にはやっておくよ」などと言ってもらえると、こちらとしても予定が立てられやすい。「この仕事だったら大体これくらいの時間がかかる」とうまく計算できると、効率もよいのだ。頼んでも「忙しいから後でやる」とか、「できたら知らせるよ」とか言われると、先の予定が立たなくて困ることになる。

時間を見積もるときは、ただその仕事をすることに費やされる時間の他にも、その他の業務(会議や電話、メールなど)に必要な時間も予測できる範囲でバッファーとして計算に入れておく必要がある。そうでないと、「2時間でできたはずが、電話や会議に時間をとられて終わらなかった」なんていうことになる。

まめにフォローを入れてくれる人
もし緊急の会議などが入ってしまって、仮に仕事の締め切りに間に合わなくなったとしても、「ごめん、終わりそうにないから2時まで待ってくれる?」と早めにフォローが入ると、普通はそれで問題なく事が進む。締め切りが過ぎて「まだかなぁ~?」と連絡を入れて、「ごめん、終わらなかった」なんて言われると、こちらも予定が狂ってしまうことになる。

プライオリティーをつけられる人
いろいろな人からいろいろなものを頼まれると、どれから手をつけていいか分からないときもあるかもしれない。そんな時、ただ言われた順番にやるだけでは効率的とは言えない。重要度、締め切り、時間配分などと照らし合わせてきちんと優先度をつけられる人は、仕事を頼むほうとしても頼もしい。

マルチタスクな人
一度に一つのことしかできないと、他の事を頼もうとしても「今の仕事が終わるまで待って」ということになってしまう。「これをしている間に、あれもやって、それからあの人にメール打って、今度はこの人に電話して」なんていろんなことを同時に考えながらいっぺんにできるようになると、レスポンスも上がって仕事が速くなる。

レスポンスの早い人
留守電やメールを送るとすぐ返事をくれる人はすごく仕事がしやすい。例えすぐに回答できないとしても、「留守電聞いたけど、ちょっと調べるから後で追って連絡するね」などとフォローが入るだけで非常に助かる。逆に何の反応もなくて、「どうなってるのかなぁ~?」と電話して、「ん?あ~メール読んだけど、まだ調べてないよ」なんてそっけない返事をされるとその人への信頼度も薄れる。


一言で言うと、「相手の状況やニーズを把握して、的確にレスポンスしてくれて、コミットした時間にきちんと仕事を終わらせることができる人」が理想的だと思う。そんな人に一歩でも近づけるように、僕も毎日努力したい。
[PR]
by dice_michigan | 2005-07-05 09:27 | 僕の世界