ミシガン州に住んで丸8年。5年前にデトロイト市内に引っ越しました。デトロイトのことや、自分のこと、大好きなマライアのことなどについてのブログです。(photo by nasa)


by dice_michigan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ビザ・グリーンカード体験談16:自宅に帰宅。最終章。

午後4時過ぎにデトロイトへ到着。デトロイトでは荷物がすぐに出てきたので、カーブサイドで待っていたD様にピックアップしてもらう。

「時差ぼけで眠いなー。でも家帰ったら隣のブリュアリにでも行こうかー」などとD様と話をしながら帰宅。家のドアの前には「おかえりDice!」と書かれた隣人からのメッセージが。「わー、クレアとフランシスからこんなメッセージが書かれてるよー」と先に家に入ったD様に伝えるも、D様は無視してベッドルームへ。「え、もうベッドイン?気が早いわね!」と思い後をついていくと…

「サプラ~イズ!!」

友達5人余りがベッドルームに隠れて待ち構えていてくれたのだった。よくよく見るとダイニングテーブルに緑の風船やらスパンコールやらがちりばめられている(ちょうどアメリカではSt. Patrick's Dayという緑色がテーマのお祭りの直後だったため、この種の飾り物はたくさんあったのだろう)。名づけてグリーンパーティ。うれしさに眠気が一気に吹き飛んでしまった。

乾杯の後、「I'm Greened!!(グリーンカードもらったぜぃ!)」とにっこり記念写真を撮った後、飲んで飲んで、飲んで飲んで、飲みまくった。後からも友達が何人も駆けつけてくれ、日本での思い出話などに花が咲いた。

そして、いい気持ちのパーティ主役から全員にキッスのお礼を差し上げた後、パーティはお開きとなったのだった。

その後、約1週間後に新しいソーシャルセキュリティーカードが届いた。これには「INS(今で言うDepartment of Homeland Security)の許可なしには労働不可」という文言が書かれていない。つまり移民局の制限なく仕事に就けるという証なのだ。

それから、正式なグリーンカードは、入国から約1ヵ月後に自宅に郵送されてくる予定。これはまだ待っている状態だ。それまでは、パスポートに張られた1年有効のテンポラリーのビザで海外を行き来できる。

こうして2004年の中盤から始まった僕のグリーンカード申請は、およそ7年経った2011年の春に終わりを迎えたのだった。
[PR]
by dice_michigan | 2011-03-31 04:26 | ビザ・グリーンカード