ミシガン州に住んで丸8年。5年前にデトロイト市内に引っ越しました。デトロイトのことや、自分のこと、大好きなマライアのことなどについてのブログです。(photo by nasa)


by dice_michigan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ビザ・グリーンカード体験談10:暗黒の3年余りと見えてきた光

前回の更新から2年以上の月日が経ってしまいましたが、ビザ・グリーンカードに関して動きがあったので、ここに記入しておきます。
長いです、覚悟して読んでください。

-------------------------------------------------------
■2007年
7月に自分の順番が来たものの、すぐにUnavailableになってしまい、それからまたずーっと待ちの状態が続いていた。ビザの発給枠は僕が申請しているカテゴリーに関して言うと年間4万件と限られていて、それ以上の発給はしないので、自分の順番が来ないとどうしても前に進めないのだ。毎年数に変動はあるものの、およそ15万人がこのカテゴリーのビザを待っているといわれている。結婚を通じてのビザなどは、このような発給枠はないのに…

■2008年
この年の4月に再び自分の順番が来て、4/18に警察証明やら戸籍・雇用証明などをNVC (National Visa Center)に提出。6/27に「Case Completed」という、「書類処理完了。もうあとは大使館で面接するだけ」のステータスになった(このステータスはNational Visa Centerに電話すると自動応答システムで教えてくれる)。この時点で、「もうすぐグリーンカードが取れるかも!」と期待していたのだが…

同じ年の7月からまたもやビザの発給枠がUnavailableになってしまって、それから待ち続けること数年…毎月DOS (Department of State)から発表されるVisa Bulletinで自分のPriority Date(PD)がCurrentになっているかどうかを確認する日々が続いた。

■2009年~2010年
2008年の11月から2009年の3月までの5ヶ月間、cut-off dateが2005/5/1で足踏みしていたときは、「あとちょっとなのにぃぃぃーーー(僕のPDは2005/5/27)」ともどかしい思いで一杯だったが、結局その後さらにRetrogress(cut-off dateが過去にさかのぼってしまうこと)してしまい、ただひたすら辛抱強く待つ以外に選択肢はなかったのだった。

何でcut-off dateが前に進んだり、後ろにさかのぼってしまったりするのかは、当初はかなり謎だった。普通に考えると、順番どおりに毎月一定数のビザが発給され、少しずつ前進すると思うからだ。

簡単に言ってしまうと、毎月の発給状況を見ながら、需要と供給を見比べてDOSがcut-off dateを決めるのだが、政府機関同士の連携があまりよろしくないらしく、把握し切れていなかったケースが大量に地方の移民局から報告されるとcut-off dateはさかのぼり、予想していたよりも発給数がさばかれていないという報告を受けるとcut-off dateは前に進む、という、結構行き当たりばったりのあてずっぽうなシステムなのだった。

また、1つの申請者に対して結婚したり子供が生まれたりして配偶者・扶養者の申請も付いてくると、ビザの発給数を当初の予想以上に増やしてしまい、日付が逆行する要因となっていたようだ。その逆に、申請者がレイオフされたり、祖国に戻ったりして申請が無効になると、日付は前に進む。もう少し政府間の伝達がコーディネートされていれば、「自分の番が来るのはあとX年位かなぁ」と予想もつくものであっただろうが、急にcut-off dateが数年さかのぼったり進んだりすると、いつ自分の番がくるのか、さっぱり分からなくなってくるのだ。

このもどかしさは経験した人でないとなかなか理解できないようだ。アメリカ人の友達からは、「Senatorに手紙を書いてみたら?」とか「移民局に直談判してみれば?」などとアドバイスをもらうのだが、移民弁護士に相談しても「そのようなことをしても助けにはなりません」の一点張り。「いつ頃GC取れそう?」と聞かれても「さぁ、運がよければ今年中かなぁ」と言い続けて数年の月日が経過した。

■2011年
とは言え、2010年の終わりごろから、ようやくcut-off dateが順調に進み始め、「あと4か月分進めば僕の番!」、「あと3か月分!!」、「あと2か月分!!!」と毎月期待がふくらみ続けていた。そして今月2011年2月に発表されたVisa Bulletinで、ついに自分のPDがCurrentになることが判明したのだ!

その途端、ダムの門が開かれたように事はトントン拍子で進み始めた。2/14付けのNVCからのレターで、僕のビザ面接が3/14に東京の大使館でスケジュールされたことを知ったのだった。

(続く)
[PR]
by dice_michigan | 2011-03-31 04:18 | ビザ・グリーンカード